保育士は給与が安い?年収をアップさせる方法はある?

公開日:2022/11/01   最終更新日:2022/11/10

業界や職種によって給与水準がある程度決まっています。弁護士や医者は給与が高いイメージがありますが、一方で保育士は給与が低いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。ただ、保育士でも年収をアップするコツがあります。そこで本記事では、なぜ保育士の給与が低いのか解説したうえで、年収をアップするコツを紹介します。

保育士の給与はなぜ低い?その理由とは

夢ややりがいのある仕事でも、給与が低ければ続けられないでしょう。とくに結婚したり子どもが生まれたりすると、独身のときよりもお金が必要になるので、給与水準のよい職場に転職したいと考える方も多いのではないでしょうか。

また、保育士は給与が低くてしんどいというイメージがあるかもしれませんが、実際に「東京都保育士実態調査」によると保育士の方の退職理由の1位は妊娠・出産、2位は給与が安いこととなっています。つまり、多くの人が給与面に不満を抱えており、退職をしているのです。

というのも、厚生労働省の発表する賃金構造基本統計調査によると、全職種の平均年収が約491万円であるのに対し、保育士の平均年収は約342万円となっています。つまり、さまざまな職種を比較しても保育士の平均年収は約150万円も低く、給与水準が低いと言わざるを得ない状況です。

ただ、保育士は民間と公務員に分けられ、公務員保育士は地方公務員の給与をベースに給与が決まります。そのため、公務員保育士になれば給与は高くなりがちですが、一方で民間の保育士は給与が低いのが現状です。

民間の保育士の給与は、保育園を運営する会社が決定しますが、収益は公費のみであり、運営するのに必要な給食代や光熱費などを差し引くと、人件費にかけられる金額はわずかになってしまうのです。保育士の給与が安いことは社会問題にもなっており、国からの公定価格引き上げの取り組みが行われていますが、現状はあまり変わっていません。

保育士の平均年収は?

保育士の給与が安いことはわかったものの、実際いくらもらえるのか気になる方も多いでしょう。厚生労働省の令和元年度賃金構造基本統計調査によると、保育士の平均年収は363万4,600円という調査結果が出ています。さらに、同年の保育士平均給与額の全国平均は24万4,500円となっています。

ただ、この金額は所得税や住民税、社会保険料などが差し引かれる前の金額なので、手取りはさらに低くなります。また、この金額はあくまで平均のため、この金額よりも高い方もいれば、低い方もいるのがポイントです。つまり、保育士としてフルタイムで働いていても、手取りは20万円に満たないケースが珍しくないのです。

そのため、せっかく保育士になったのに、給与の安さから退職を検討するケースも少なくありません。どんなにやりがいのある仕事でも、給与が安くて生活が圧迫されるようでは続けられないでしょう。

とくに最近では物価が上昇しているため、支出は増える一方なのに給与は安いままとなると、生活が苦しくなってしまいます。しかし、保育士が必ず給与低いというわけではなく、中には年収500万円を超える方もいるので、どのように給与をアップするか知っておくことが大切です。

年収を増やすためのコツ

保育士の平均年収は363万4,600円だと解説しましたが、なかには年収500万円を超える方がいるのも事実です。同じ職種でもらえる給与に差があるのはいくつか理由があります。

まず、民間の保育園ではなく、地方公務員扱いになる公立の保育園に勤務することがポイントです。公立の保育園に勤務すると公務員の給与が支給されるため、勤続年数に応じて給与アップが期待できます。

実際に、公立の保育園で役職のない方の平均年収は363万円程度ですが、主任になると平均年収が約674万円、施設長になると平均年収が約759万円となっています。役職がなければ公立でも民間でもあまり給与が変わりませんが、公立の保育園で役職がつくと給与アップが期待できるでしょう。

さらに、国や自治体が保育士の住宅費用を補助する保育士宿舎借り上げ支援事業を利用するのも方法の一つです。給与が直接アップするわけではありませんが、住居費の費用負担を減らせるので実際に手元に残るお金が増えます。さらに、この支援事業の手和えは所得として扱われないため、税負担が増えないことも魅力です。

そのほか、私立の保育園は給与水準が高いところもあるので、ボーナスの有無や給与が高いところを調べて転職するのも方法の一つでしょう。

まとめ

低賃金であることが社会問題となっている保育士ですが、必ずしも給与が低いというわけではありません。一般的な平均年収と比較すると保育士の平均年収は低いと言わざるを得ませんが、公立の保育園に就職したり、主任や施設長のポジションになったりすると給与アップが期待できます。

さらに、経営状態のよい私立保育園も給与が高く、なおかつ賞与があるところもあるので、チェックしてみるとよいでしょう。不満を感じながら働き続けるよりも、自分のやりたいことを納得して続けられ環境を探すことが大切です。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

保育の就活ナビ(株式会社サンライズワークス) 住所:〒110-0015 東京都台東区東上野4-8-1 TIXTOWER UENO 8階 TEL:03-6661-4772 保育業界で働いている

続きを読む

保育Aid(株式会社サクシード) 住所:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-4-15 大樹生命高田馬場ビル8F TEL:0120-307-300 保育士の職場は、いじめやパワハラ、そ

続きを読む

ほいてんサーチ(株式会社e-CHANNEL) 住所:〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-6 住友不動産新赤坂ビル11階 TEL:サイト内問い合わせフォームあり 転職にはさまざまなメリッ

続きを読む

ほいくジョブ(株式会社ウェブスクウェア) 住所:〒525-0025 滋賀県草津市西渋川1-1-18イーカムビル4F TEL:077-500-0226 営業時間:10:00~18:00 未就学

続きを読む

ほいくしジョブ(株式会社メディカルジョブセンター) 札幌本社:〒060-0001北海道札幌市中央区北1条西3丁目2番地 井門札幌ビル4階 TEL:0120-206-074/011-206-1

続きを読む

業界や職種によって給与水準がある程度決まっています。弁護士や医者は給与が高いイメージがありますが、一方で保育士は給与が低いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。ただ、保育士

続きを読む

保育士さんで転職先を探しているなら、必ずしてほしいのが園見学です。園見学をすることで応募前に施設や職場の雰囲気をチェックでき、ミスマッチも防げます。当記事では、応募する前に園見学をすべき理由

続きを読む

待機児童が問題になっていますが、その解決方法のひとつとして注目を集めているのが企業内保育です。企業内保育とは、企業が社内や近隣施設に開いていており、自社社員とその子どもを対象とした保育所です

続きを読む

保育士で働いているものの、今の園と相性が悪く感じてしまい退職を検討しているのではありませんか。しかし、なかなか難しいのが円満退職です。なかなか退職が認めてもらえず、最終的には喧嘩別れのように

続きを読む

制服がない職場では着るものが「自由」だとはいえ、ある程度のルールがあるのは普通です。保育士が勤務する保育園でも、一般的に制服はないので自由に着るものを選ぶことができるのですが、やはり悩んでし

続きを読む